すすきの体験談とホステスから学ぶ恋愛術について真剣に語るよ

こんにちは!タカポンです。

寒いです!!!!

もう本格的に冬に突入してしまって、出来る事なら一日中暖かい家の中にいたいです・・・
この季節って本当に朝起きるのがツライですよね?
寝起きの布団の中ってなんであんなに心地よいのでしょう??

 

さて、先日の記事でも書いてたんだけどデキるホステスさんの会話力というのは非常に勉強になります。
世の中のモテたい男性は口説くとかではなくて勉強の為にニュークラに行ってみるのも良いと思ってます。

で、その会話というのは仕事にも応用ができるものだと思ってるんです!

昔ホステスから学ぶ経営学みたいな本があってそれも読んだ記憶があるんですけど中身はあまり覚えてません笑
ただ!自分で体験していることは鮮明に覚えているものですよ。

 

恋愛で女の子を口説きたいというシチュエーションはたくさんあると思いますけど、初対面の子を口説くというパターンもけっこう多いと思います。
例えば合コンで出会った子とか、相席バーで出会った子とか、たまたま居酒屋で隣に座ってた子とか、
他にも最近だとアプリで知り合った子とかですかね。

 

そういう初対面とか、はじめてデートするみたいな関係性の時って最初にしなくてはならないのが相手の女の子警戒心を無くすと言う作業になります。モテる人種というのはこれがめちゃくちゃ上手かったりするんですよ。

そもそも恋愛に発展するには

他人→知人→友人→仲の良い友人→恋人候補→恋人

みたいなステップがありますよね?

あ、もちろん一目惚れとかイレギュラーもありますよ。
ただ、ほとんどの場合はこの過程を踏んでいる事が多くて、時にはステップを飛び越えたりすることもあるし、次の段階への移行が早かったり遅かったりします。

居酒屋とかで知り合った子をお持ち帰りとかを戦略的にやってるナンパ師みたいな人はこの移行が数時間でできたりします。

なんでそんなことができるのかというと、それは経験値の違いであったり、会話力だったり、今自分がどのステップにいてどうすれば次のステップへ移行できるのかを把握してたりとか。

これを無意識でナチュラルにできる人もいれば、タカポンのように勉強して身につけたという人もいます。
まあ、普通の人は恋愛をするときに感情が前面に出てしまって冷静に自分の状態や相手の状態を理解できていないことが多いです。

 

ぶっちゃけ言ってしまうと、こんなふうに冷静に戦略的にするのは恋愛じゃない!!
なんて思ったりもしちゃいます・・・

 

話を元に戻しますが、最初に相手の警戒心をなくすためには信頼される必要があるワケです。
これはアイスブレイクなんて言ったりもするんですけど、相手との壁を壊して親密になるということです。
例えば本当に信用している人でなければ自分のプライベートなこととか本音というのは中々言わないですよね?

この信用を得る方法というのがいくつかあって、ひとつは時間だったりします。
クラスの中で友達ができるというのは単純に一緒にいる時間がたくさんあって話す機会もたくさんあって、徐々に相手のことがわかってくる。

他には共通点とかですよね。
地元が一緒だったりとか、出身校が一緒とかだと親近感が沸くというのは自覚がある人も多いと思います。

 

じゃあ、短い時間で共通点も特にないような人と打ち解けるにはどうすれば良いのか?

一番簡単な方法としては【褒める】ということが上げられます。

 

逆に考えてみて欲しいんですけど、初対面だけどなんとなく仲良くなれそうって思う人ってどんな人ですか?
例えば知り合いに紹介された人が上から目線で

「あ〜●●さんていうんだ、あっそうよろしく!」

みたいな態度だったらどう思いますか?

もちろん時間をかけてその人のことを深くしればめちゃくちゃ良い人なのかも知れませんけど、いきなり仲良くなれそうもないですよね?

これが

「あ、●●さんと言うんですね!めちゃくちゃオシャレですね!なんか憧れちゃいます!色々勉強させてください」

みたいな態度で来られたら、

「おっおう」

みたいになると思います。
絶対に悪い気はしないハズなんですよ。

これが単なるおべんちゃらで胡麻すってるだけの可能性も高いのは事実ですが、初対面としては悪い印象にはならないんでスタート段階としてはベストなワケなんですよ。

 

別に遜ってヨイショすれば良いということを言っているんじゃないですよ?
これを読んでいる読者の方って頭の良い方が多いので多分言おうとしていることはわかってもらえると思います。

 

これを極々自然にわざとらしくなく、大袈裟でもなく絶妙なバランスでさらりと言えるのがデキるホステスさんだっていう話なんです!!
相手の懐に飛び込むのが上手いのがホステスさんであって、ついつい心を許しちゃうんですよ。

 

この手法を上手に使うためには相手に対して興味を持つというのが必要になります。

デキるホステスさんというのはそういう一面を持ってて、逆に売れないホステスというのは
例えばめちゃくちゃ金持ちっぽい人とか好みのタイプの客以外は全く興味を示さずに適当に接客をするというパターンが多いです。

ちなみに本当にお金を持っている人というのは変に金持ちオーラとかを出さずに格好も普通だったりするのに、デキるホステスさんはそこに気付いたりします。出来ないホステスは本当はめちゃくちゃ太客になるかもしれないお客であってもそれに気付かずに適当な会話をして逃すというのを目の当たりにしているのでよくわかります!

デキるホステスさんはそういうのを感じ取る能力に長けているのかも知れませんし、全てのお客さんに対してちゃんと興味をもってその人がどういう人なのかを知ろうとしていて、相手の懐に飛び込むのが上手なのだと考えています。

 

これって、営業マンにも通じるものがあると思います。
新規開拓の営業であれば、アポをとって初めて社長さんとか担当者、商品によっては個人宅なんかで対面するという機会が多いですよね?

トップセールスマンはいきなり売り込んだり商品説明なんてしないと思います。
お客さんとのアイスブレイクがめちゃくちゃ上手いのではないでしょうか?

仕事の上で色々な営業マンや社長さんと話すことがありますが、そこでも懐に入ってくるのが上手い人と下手な人というのはハッキリと別れます。

 

つまり恋愛であってもホステスであってもビジネスマンであっても、アイスブレイクの技術というのは非常に重要であってそのスキルがあれば色々な場面で応用ができるというお話です。

当然これは最初の第一歩であって、これが出来たからと言って恋愛で色んな女性を口説けたり、仕事で営業成績が上がったりということではないです。
でもその最初のステップで上手くいくことが次のステップへの移行スピードも変わるし、ゴールへ近づくものだと思ってます。

 

とまあ、こんな感じでホステスさんから学ぶ恋愛術や仕事術なんてものがたくさんあるので今後もたくさん考察していきますね〜

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加しました!読み終わったらポチっと押してね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ