はじめてのすすきのの飲み屋でホステスさんに嵌り過ぎないようにするには?

こんにちわ!タカポンです!

前回新社会人の皆さんへすすきのの遊び方なんかについて書いてみたんですが、今回はその続きになります。

わたくしタカポンはもっぱらすすきのの飲み屋さんで日々ホステスさんを口説いたり口説かなかったりでどっぷりとすすきのに嵌りまくってるのは自他共に認めるところであります笑

そんなすすきのの先輩としてありがた迷惑なご忠告をしてみようかなと思います!

初めてすすきので遊ぶ方や、すすきので遊び慣れていない方にとっては、めちゃくちゃ楽しい夢のような時間に感じることでしょう。
それは事実です!

すすきのは本当に大人のディズニーランドかというくらいに無邪気な気持ちになれる夢の国です。

だからこそキャバクラ・キャバ嬢(ニュークラ・ニュークラ嬢)に嵌り過ぎないように注意が必要になってくるのです!

私の知り合いにキャバ嬢に嵌ってしまったばかりに、給料以上のお金をつぎ込んで800万もの借金を作ってしまった男がいます笑

いや、本人にしたら笑い事じゃないですよね、、、

実際にここまで嵌ってしまうパターンは少ないのかも知れないけど

「いやいや、キャバ嬢に貢ぐとかありえないしょ」

と思っている方ほど注意した方が良いです!

だって振り込め詐欺とかだって、手を変え品を変え色々な手口で未だに被害者は無くなってないですよね?

http://www.city.sapporo.jp/shimin/chiiki-bohan/furikomesagi.html

あれだけニュースにもなってるし新聞でも警鐘を鳴らしているにも関わらずです!

被害に遭った人は

「ニュースを見て自分は引っかかるわけないと思っていた」

と話す人も多いです。

これと全く同じことが起きるんです!
キャバ嬢も様々なトーク力とおっぱいのチカラをフルに使ってあなたを誘惑をしてくるわけです。

「そんなん引っかかるわけない!」

と思いますよね?

そんな人ほどキャバ嬢の罠にはまりやすいかもしれないので注意が必要ですね笑

典型的なパターンとしては、キャバ嬢を落としたい!と思っている人ほど危ないです。
(タカポンのようなw)

キャバ嬢とあわよくば・・・

なんて考えていると、側から見ると完全なる営業トークであっても真に受けてしまうみたいです。

 

 

先程の知り合いは、ホステスさんが席に着いてすぐに

「お兄さんカッコいいね〜」

と言っただけで、

「あ、こいつ俺のこと好きだ!」

と勘違いした挙句に店外デートに誘って断られると

「なんで俺のことカッコイイって思ってるのにデート出来ないわけ?」

と逆ギレかましたらしいです笑笑笑

ホステスさんからしたら超絶面倒くさい客です・・・

 

 

 

そうならないためにもキャバ嬢の話す会話の基本的な意味をお勉強していきましょう!

そもそもホステスさんはお仕事をしているんです。
婚活パーティーとか合コンに来ているわけではありません。

なので、ホステスさんが話す会話は言葉のそのままの意味で捉えることは危険です。

さあ、あなたはニュークラに初めて行きました。
ホステスさんが笑顔で隣に座ってくれます。

最初は
「何さんていうんですか?」
「今日は何軒目ですか?」
「札幌の方ですか?」

などなど当たり障りのない会話をしてきます。

そしてある程度情報を引き出すと、会話を盛り上げるポイントを見出そうとしてきます。

「お兄さんカッコいいですね」

これはよく使われるフレーズですが
訳:若いヤツはこう言っておけば喜ぶだろ
となります。

または、
「お兄さんオシャレですね〜」
訳:イケメンは言い過ぎだから服褒めときゃいいしょ?

さらに変化形として
「お兄さんすごい優しそう〜」
訳:見た目無理だからもう褒めるとここれしかなわ〜

ということでホステスさんが発する褒め言葉は真に受けないようにしましょう笑笑

※ このブログ記事で紹介した情報や意見はタカポンの見解であり、諸説あります。
決して鵜呑みにしないよう注意して下さい。

 

 

 

次に、ホステスさんの

「私も一緒に何かいただいて良いですか?」
というセリフですが、こちらは
訳:有料ドリンク飲ませろハゲ!
となっております。

※ このブログ記事で紹介した情報や意見はタカポンの見解であり、諸説あります。
決して鵜呑みにしないよう注意して下さい。

 

ニュークラやキャバクラなどはセット料金制なのでお客であるあなたは飲み放題となってますが、女の子の飲むドリンクというものがありますよね?

このドリンク代は無料案内所での割引チケットを利用すると基本的には掛かりません。

ほとんどのお店がセット料金、女の子ドリンク、TAX全て含まれたコミコミ料金となります。

しかしながら、一部有料ドリンクというものもあるのですね。

案内所にあるほとんどのお店は入店時に、
「飲み放題は焼酎、ウィスキー、ビール、ウーロン茶になりますが、女の子のビール、カクテルは別料金となります」

などシステムを丁寧に説明してくれます。

この有料ドリンクを注文するのはキャバクラのホステスさんが多いです。
バック率とかが関係してると思いますが、大手のニュークラではそこまで有料ドリンクを催促するようなことはありません。

 

ここで、有料ドリンクのおねだりを断るのはカッッコ悪いとかケチくさいとか思うかも知れませんが、全然そんなことはありません!
女の子からしても断られる前提で言ってきている部分もあります。
ただ、もしも場内指名とかするならばドリンクについては快諾してあげましょうね!

 

 

で、その場内指名についてです。

タカポンが飲み屋さんに行ったことがない後輩を連れて行った時に実際にあったのですが、ホステスさんがハッキリと場内指名をしてほしいと言わずにしれっと居座るなんてパターンがあります。

通常ニュークラやキャバクラはフリーの場合1セットで2〜3人の女の子がつきます。
なので1人のホステスさんと話す時間は15分〜30分くらいですね。
ある程度チェンジの時間が近づいてくると

「めちゃくちゃ楽しいからもっとここに居ても良いですか?」
「もっと話していたいな〜」

なんてことを言ってきます。

訳:場内指名してね〜♪

ということなので、もしもタイプじゃなかったり別の子とも話したいならば断ってしまってOKです。

はじめて行く人だと場内指名というシステムを知らないとわからないと思いますが、場内指名というのは女の子が入れ替わらずにその子と1セット分ずっと話すことです。
ほとんどのお店で2000円くらいが掛かってきます。

※ このブログ記事で紹介した情報や意見はタカポンの見解であり、諸説あります。
決して鵜呑みにしないよう注意して下さい。

 

 

 

さて、女の子とこんな感じの会話になることがあります。

「今日は何食べたんですか?」

「焼肉食べて来た」

「え〜わたしも好きです〜どこ行ったんですか?」

「○○ってお店だよ」

「そうなんですね〜行ったこと無いです〜」

「めちゃくちゃ美味しかったよ」

「じゃあ今度一緒に行きましょ」

 

はいストップ!!

この一緒に行きましょを真に受けないように!

このようなニュアンスで一緒にご飯を食べに行きたいアピールをする子が多いのですが

訳:同伴しましょうね

という意味になっています。

ホステスさんがいきなりプライベートでデートに誘ってくるなんてことはありません!

ご飯に行く=同伴

というのはお察ししてね!というメッセージが込められているので覚えておきましょう。

わかるとは思いますが一応説明しておくと、同伴というのは一緒にご飯を食べた後にそのままお店に一緒に行くということですよ!

※ このブログ記事で紹介した情報や意見はタカポンの見解であり、諸説あります。
決して鵜呑みにしないよう注意して下さい。

 

 

まだまだホステスさんとの会話では特有の意味合いを持つものがありますが今回はここまでとしておきます。

ここで学んだことを活かして楽しくすすきので遊んでみてくださいね〜

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加しました!読み終わったらポチっと押してね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ