吉澤ひとみさんから学ぶ絶対にやってはいけない飲酒運転について

こんにちは!タカポンです。

あの地震から一週間以上経過して札幌の街は日常を取り戻しつつあります。
節電をしているので薄暗いところもありますがお店は通常営業になっていて早速すすきのでも飲んで来ました。

さらに復興には持って来いの北海道では秋の一大イベントでもあるオータムフェストが一週間遅れではあるけど無事に開催されましたね!

オータムフェストは個人的には出張とか観光客の方には絶対に行ってもらいたいオススメのイベントになっています。
全道各地の美味しい食べ物が一同に介しています!

オータムフェストについては過去にも書いているのでこちらを参照ください。

さっぽろで秋の食の祭典と言えばオータムフェストです!

秋の札幌では欠かせないイベントとなりました!オータムフェスト2016

 

 

さてさて、地震と停電によっててんやわんやだった北海道ではあるのですが、時を同じくして元モーニング娘。の吉澤ひとみさんがまさかの大事件を起こしているとは思いもよりませんでした。

しかも先日ついにドライブレコーダーによる事故の瞬間をバッチリ捉えた動画なんかも出て来てまさに衝撃的でした。
報道によると一説には事務所解雇は免れない上に違約金などは億単位になるとか・・・

まだ幼い子供もいる中で本当に取り返しのつかないことをしてしまったと思います。

 

お酒というのは楽しく素晴らしい時間を過ごせるのと同時にそういった怖さがあるということを改めて感じさせられます。
すすきのも週末なんかになると、駐車場は満車になっているところも多いので全部とは言いませんがまだまだ飲酒運転をしている人も多いのかと思います。

 

ここからは完全なるフィクションになっています.

 

まだ20代前半の免許も取り立てで車をバイトで貯めたお金でようやく手に入れたばかりのタカポン少年は友人と遊びに行くときはほぼほぼ車移動でした。
路上駐車に関しても今ほど厳しく取り締まっていなかった札幌なので、すすきのに飲むに行く時であっても車で出掛けるのは日常茶飯事。
夜22時にもなれば大通近辺はあまり人通りも少なくなるので、車を路上駐車してすすきのまで歩いて行くというのが定番。

もちろん、朝まで飲んでベロベロになっていても普通に運転して、ご丁寧に友人達を家まで送って行くという愚行を繰り返していました・・・

 

そんな生活を繰り返していたある日、友人の一人がいつも通りにすすきので飲んだ帰りに車で帰っていました。
その友人はけっこう酒が強かったので飲む量も相当だったみたいでヘベレケ状態だったみたいです。

そして赤信号をそのままスルーして、たまたま通りかかったパトカーによってアウト!!
信号無視の現行犯で捕まったのですが、当然のことく飲酒でも引っかかります。

現在ほど法律も厳しくなかったので一発免取りにはならなかったものの、罰金が30万ほどだったそうな。
いやでも、今考えても人身事故に繋がらなかっただけでも奇跡的な状況です。

奉仕活動?みたいなこともやってたみたいですが、この時ばかりは本当に彼も反省したようでそれ以降はその友人も含めてタカポンや周りも一切飲酒運転をヤメるキッカケとなりました。

 

数年前には小樽のドリームビーチでのひき逃げや国道12号線での忌まわしい事故があったばかりだし、全国的にも飲酒運転による事故や事件はまだまだたくさん報道されています。

 

これまた以前に運転代行についての記事は書いています。

飲んだら乗るな!運転代行をオススメします。

 

 

「俺は大丈夫だろう」

とか

「全然酔ってないから平気」

とか

自分ではそう思っていても、その一瞬の気の弛みで人生を某に振ってしまう可能性は0ではないです!

 

自分の人生を勝手に棒に振るだけならまだしも、被害者やその遺族の人生まで台無しにしてしまう可能性のある飲酒運転というのは絶対にやってはいけないことだし、無くしていかなくてはならないことです。

 

こんなふざけたブログで語ったところで誰にも響かないとは思いますが、一人でもこの記事を呼んで飲酒運転を控えてもらえたら幸いです。

 

すすきのは本当に楽しい街なので、多いに盛り上げてほしいのですが、飲みに出る時は必ず交通機関やタクシー、徒歩で行く!
万が一仕事帰りなどやむを得ない事情で飲む場合には、必ず運転代行サービスを利用してほしいと思います。

 

 

本当はホステスさんと楽しく飲んだ話にしようと思ったけど今回だけは真面目に書かせていただきました!

新しいお店もオープンしたりするので、また更新をしていく予定です!
ということで今回はここまでです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加しました!読み終わったらポチっと押してね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ