すすきので一番有名なクラブのエーライフが閉店するみたいです・・・

もう歳も歳なんであまりクラブとかには行かないんですが、それでもなんだかんだ付き合いとかアフターの流れとかでなぜか年に数回はクラブに行く事があります。

そんな中で札幌のクラブシーンを彩ってきたあのエーライフがついに閉店になってしまうそうです・・・
すすきのというのは最近ではクラブ自体があまり流行っていないので週末でもガラガラなトコもけっこう多いです。
昨年にはキングムーが復活してすすきののクラブもまた盛り上がってくるのかな〜と思っていた矢先のエーライフ閉店。やっぱりもともとクラブに行く人が少なかったのに新しいお店が出来ると、元からあったお店のお客が減るのは当然の事ですよね。

エーライフは2004年に開店して13年間も札幌のクラブをリードしてきたのですが、惜しまれつつも来月11月11日が最終の営業となるそうです。
ちなみに系列店でもあるリビエラは今後も営業していくみたいです!

リビエラと言えばクラブの中にカラオケルームがあるという特殊な造りになっています。クラブだけの利用もOKだし、カラオケだけの利用もできます。でもクラブでナンパしてそのままカラオケに連れ出すなんて使い方をする方も多いんじゃないですかね?

このリビエラのカラオケルームはいくつかあるんですけど、その中にロフト付きの部屋というのがあります。
数年前の話ですが、タカポン以上にホステスさん大好きな友人と二人でニュークラに行って、その後4人でアフターに行ったことがありました。
で、そのホステスさんがけっこうクラブ好きだったということもあってリビエラに行ったんですね。その時入った部屋がちょうどロフト付きの部屋でした。

タカポンの相手のホステスさんはあまりクラブに行ったことが無いようで、このカラオケルームがあるということも珍しかったんだけど、さらにロフトもあるってことでテンション上がりまくりです笑
で、自然な流れでロフトに上がる事になったのですが、紳士なタカポンはレディファーストってことで女の子を先に上がらせます。
ところが、このホステスさんミニスカートを履いていたんですよ!

別に狙ったワケじゃないんですが、必然的に後からハシゴを上ったタカポンにはその子のスカートの中が丸見えになってたのはナイショです笑

 

ホステスさんとのアフターについてはこれまでも何回か書いてきているんですが、ここでアフターのプチテクニックみたいなものをシェアしちゃいたいと思います。

ホステスさんとアフターする最も簡単な方法としては、複数人でお店に行ってみんなでアフターという流れだと思います。
もちろん、ホステスさんを口説くのがめちゃくちゃ上手い人だったり、たくさんお金を貢いだりすれば簡単にアフターとか店外デートに行けると思いますが、そうでない場合はグループみんなでアフターというのが良いと思います。

ただ、みんなでアフターに行くと問題になってくるのが、どうやってセパレートするかです。
アフターに行くことが目的なら良いのですが、おそらく本当の目的としてはアフターに行った後でホステスさんを口説き落としたり、お持ち帰りしたい!と考えている人が多いと思います。

そうなってくると、みんなでアフターに行ってみんなでワイワイ楽しく飲んでいるだけじゃ中々進展しないですよね?
そこで利用できるのがこのリビエラのカラオケルームなんです。

ロフトに上がることによって、同じ部屋に居ながら別々の空間を作り出すことができるんですよ!
実際に、先程の4人でアフターに行った時もタカポンたちはロフトへ、友人ともう一人のホステスは下の階でという具合に別れて別々に話をしていました。そこで口説き落とせば、そのまま二人だけ先に退出して場所を移動するなんて流れにもなります。

この友人というのはタカポン以上にホステスさんが大好きなのですが、また口説くのも上手いんですよね〜笑
しばらく別々に話をしていたのですが、下の方からタカポンに向かって何やら目で合図を送っているなと思ったら、すでにそのホステスさんとキスをしちゃってました笑

まあ、その時はそれから数十分くらいですかね、リビエラを4人全員で出たのですが、なぜか外に出た途端2対2に別れて別々の方角に歩き出すのでした。。。

 

アフターにグループで行って、お目当ての女の子と二人きりになるのには他にも色々な方法があるんですけど、これはアフターに限らずとも例えば街コンとかで出会った女性グループと2次会に行った時なんかでも使えるんじゃないかと思います。

 

エーライフ閉店の話から完全に脱線した内容になってしまいましたが、残り少ない営業期間に是非ともすすきののクラブを満喫してみてはいかがでしょうか??

 

←ランキング参加しました!読み終わったらポチっと押してね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ