ホステスさんとの上手なLINEのやり取り方法って??

こんにちは!タカポンです!

こっちもあんまりブログを更新しないので言いづらいのですがウルージ君がやっている風俗ブログが全然更新されていないみたいだったので、もっと更新をしてもらうと思い、人を動かすにはまず自分から!ということで久しぶりの更新です笑

いやそれにしてもようやく初夏の陽気になってきましたね〜!
札幌ではYOSAKOIソーラン祭りそかいうお祭りが開催されているみたいですね笑
まあタカポンはまったく興味がないんですがね・・・

すすきの会場なんかもあって、そういえば昨年はその様子を写メとって記事にしたようなしてないような・・・
ヒマな人は過去の記事を見返してみてくださいな。

さてYOSAKOIが終わってすぐ次に始るのが北海道神宮際ですよね♪
過去にはホステスさんとお祭り行って、同伴はせずにバーに飲みに行って、さらには仕事終わりの別のホステスをバーに呼んで一緒に飲んだ挙げ句、その子を帰して一緒にお祭り行ったホステスをまた呼ぶなんてこともしてました笑

でこの時期ってイベントが多くなるじゃないですか?
お祭りもそうだし来月には花火大会なんかもあって、そんな時期って営業がめちゃ増えますよね?

イベントの時って同伴のノルマがあったりするお店も存在するので致し方ないことかとは思います。
まあタカポンの場合は今はあまり指名をしている嬢というのもいないですし、付き合いの長い仲の良いホステスは営業なんて全くしてきません・・・

それはそれでちょっぴり寂しいんですが、営業メールとか営業LINEがうざい〜って方も多いと思います。
そのくせ、こっちが送ったLINEには既読すらつかない・・・なんて嘆いている人もいるかも知れません。

ということで、今回は上手なホステスさんとのLINE講座!ということでお届けしてみようと思います笑

講座ってほどのものでもないんですけど、そもそもホステスさんとLINEを頻繁にしているという方ってどれくらいいるんですかね?
タカポンは10人くらいは日常的にLINEをしていて、たま〜に連絡くれるのが20人くらい、極々たま〜に連絡してくる子が10人くらいですかね。

もちろんその中にはすでに大人な関係になってる子も含まれてるんですけど、まったく口説こうとしていない子もけっこういます。
まあ中にはホントに自分都合な営業LINEしか送って来ないような子もいるですがね笑

 

さて上手なLINEの方法についてです。

これはホステスさんにしても同じことが言えるんですが、ホステスさんと仲良くなりたいお客さんも同じです。
それぞれ目的は違えどLINEの方法は同じだと考えています。

どういう事かと言うと、ホステスさんを口説きたい!と思っている人ってお店に行かずにデートをしたり、あわよくばホテルへ連れ込みたい!と考えている人が大半だと思います。
まあ百歩譲ってお店に行くのは仕方ないとしてもアフターに誘って、あわよくばホテルへ連れ込みたい!と考えている輩がほどんどです。

世の中の男性の考えることなんてみんなそんなもんだと思います笑
まあこれだけ毎日不倫だ淫行だなんてニュースが流れているんだから変えようの無い事実ですよね??
みんな真面目な顔して働いているけど性欲にまみれているんですよ笑

特に飲み屋さんに行く人なんかは性欲が強いと思われます。
それは大前提の話で別にそれが悪いとは思いません。だってタカポンもぶっちゃけそうですからね笑

ただしタカポンの場合は多くのホステスと深い関係になれているのは、お店での会話であったりLINEのやり取りでも

「全くがっつかない」

ということがあるからだと思います。

みなさん北風と太陽というお話は知っていますか??
北風さんと太陽さんが、旅人のコートを脱がすことができるか勝負をするという話です。
北風はビュ〜〜と風を吹いてコートを吹き飛ばそうとしましたが、旅人は寒くなって余計にコートに包まってしまいます。そこで太陽はカンカン照りにして気温をあげます。すると旅人は暑くてコートを脱いでしまいました。というお話なのですが・・・

要するに何が言いたいかと言うと、何かを無理矢理強要しようとしても逆効果になってしまうってことなんですね。
ホステスさんを口説きたい人の場合はガンガン口説いてガッついてしまうのは逆効果なんです。
口説こう口説こうとすればするほど悲しいですがホステスさんは逃げて行ってしまうでしょう・・・

そしてお店に来て欲しいと思っているホステスさんの場合は、ガンガン営業LINEを送りつけるというのも逆効果なんですね。
売り上げを上げるためには多くのお客さんにお店に来てもらい指名をしてもらう必要があります。ただし、お店に来て欲しい!指名してほしい!というのを全面に出されるとお客さんの心理として中々行きたくなくなってしまうんです。

ナンバー1になるようなホステスさんというのはその辺が非常に上手いです。
適度な間隔でLINEが送られて来て、あからさまな営業とかはなく世間話が中心になっています。これば別に色を掛けていなかったとしても頻繁にLINEのやり取りをすることによって親密度が変わってきます。

つまり口説きたい!お店に来てもらいたい!と思った場合は、その逆の行動を取るというのがポイントになってくるんです。

そんなお客さん全員と親密にLINEなんかできね〜よ!そんな暇ね〜よ!
と思うホステスさん!ハッキリ言ってそうなんですよね。
もちろん全員と親密にLINEをする必要はないとは思いますが、世間話というのも時には必要だと思います。

以前付き合っていたホステスさんがいたんですが、彼女の携帯を使ってタカポンがお客さんの男性とメールをしていたことがあります笑
男性の深層心理につけ込んだメール術によってそのお客さんをお店に呼んで売り上げアップに貢献したことがあるので、この方法というのは実証済みなんですよ笑

売り上げ上げたい!とかお客さん増やしたい!と思ってるホステスさんにコンサルできるんじゃないかな?笑

 

そしてそれと同時にホステスさんと仲良くなりたい!口説きたいと思っている男性はがっついたデートに誘ったり食事に誘うようなメッセージばかり送るのではなく、ホステスに対してもメリットとなるような内容を織り交ぜたりすると効果的なのではないかと思います。

←ランキング参加しました!読み終わったらポチっと押してね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ