ホステスを口説ける確率が●%アップするかも?

お久しぶりです。タカポンです!

ウルージ君が体験談を頑張っていますが、実はタカポンがけっこう添削してたりします。
というのも、サイトをご覧いただいた方ならわかるかと思いますが、文章がけっこう意味不明なところが多く、支離滅裂で読みづらかったり、色々と問題があります。

まあ、たかぽんも誤字脱字ばかりなので偉そうなことは言えないのですが、ウルージの原文のままだとハッキリ言って読めたもんじゃないのでちょこちょこ手直しをしてからアップさせています笑

そんなことはこのサイトを更新していない言い訳にはならないことは重々承知しているのですが、2月ももう終わりなのに今月はこれが2記事目という不甲斐ない結果に終わり反省しております・・・

 

ただすすきの遊びをしていなかったかと言えばそんなこともなく、相変わらず飲み歩いているわけなのですが、体験談として書くには新店があまりないという状態に陥っています。

ということで、すでに体験談としての記事は書いてはいるのですが、今回はオレンジテラスに仕事の関係者と飲みに行った時のお話です。

以前に記事にもしているのですが、このオレンジテラスはエリアGというグループのお店ですすきのの中ではけっこう有名店でもあります。すすきの発祥のグループではありますが東京にも進出していて六本木と歌舞伎町にも同じ名前のお店があります。

以前六本木のお店には行ったことがあるのですが、すすきのから出稼ぎに行っている子もいるらしく見たことあるホステスさんがいてビックリした記憶があります笑

 

さて、すすきののオレテラはニュークラがたくさん入っているLC拾六番館の地下にあります。
店内はカジュアルな雰囲気もありつつ、それなりに高級感もあるような内装になっていてさすがすすきののニュークラという感じでしょうか。

やっぱりエリアG、プリンス、ジェンコ系列のお店は内装に関して言うなら東京の超高級店並の豪華さがあって、女の子の質と料金を踏まえると東京からの出張客であれば相当なお得感を味わえると思います。

以前はオレテラはエリアGの中でも若い子が多く在籍しているイメージだったのですが、今回ついたのはアラサー嬢が二人という結果でした。
やっぱり1年以上振りだったので女の子もけっこう入れ替わっているんですかね?
それでなくてもすすきののホステスさんは入れ替わりが激しく、お店を変えるのは日常茶飯事なところがあります・・・

 

最初についた子は以前は別の系列店に在籍していたというベテラン嬢なのですが、タカポンの大好きなキレイ系の子です。
若い子と楽しく飲むのも良いのですが、仕事の接待だったり、仕事関係者との飲みの場合はある程度空気を読めて、ちゃんと会話ができる嬢というのはありがたいです。

この日は誰も指名があるわけでもなかったのでフリーなのですが、割引チケットは使わずに通常料金で入店しました。
で、一緒に行った人達は東京から来ていたんです。

別に嘘をつくつもりもなかったのですが、話の流れからタカポンについた嬢もどうやらタカポンも東京から来ていると勘違いしていたみたいなんですよね。

普通にワインとかボトルで頼んでいたので超太客ではないにしろ、細客とは思われなかったようでなかなか食い付きは良い感じになっています。
で30分くらいして場内とか入れてないのですがラインを交換して次の子に変わります。

 

次についた子もアラサーだったのですが、見た目はめちゃくちゃ若くて言われないと20代前半だと思うようなルックスです。
さすがオレテラはホステスさんのレベルも高いなあと改めて感じさせられちゃいます。

そのまま普通に飲んでいたのですが、入った時間帯も遅かったので間もなく閉店となってしまいます。

 

お店を出てから他のメンバーはまだすすきので遊びたいということで、深夜でも営業しているパブに行くとのことで解散となったのですが、最初についた子からさっそくラインが届きます。

 

「今日はごちそうさまでした。

このあとどこか飲みにいくんですか?」

的な内容が送られてきてタカポンちょっと考えます。

で、ダメ元でいきなりだけどアフターに誘ってみることに!

 

東京から来ていると思い込んでいることを逆手にとって

「いや〜明日帰るから、もうちょっとすすきのを満喫したいんだけど良いお店ある?」

 

そんな感じでやり取りをしながら上手いこと一緒に飲みたい雰囲気を出して誘導します。
巧みなライン攻撃によって?なんとアフターOKとのこと!笑

いや〜ダメ元でも誘ってみるもんですね!

 

元々店内にいるときから全く口説こうとはしていなかったので、嬢的にも警戒心が薄かったと思います。
やっぱりガツガツしているお客さんだと嬢も警戒すると思いますが、キレイに飲んでいると好印象を与えることができるもんです。

しかも東京から頻繁に札幌に来るという設定になっているので、そこそこ太客になる可能性も含ませているというのは嬢的にもアフターして次に繋げたいという思惑が働きます。

 

そんなこんなでホステスさんと合流して、以前すすきのに来た時に行ったことがあるというていで、ダーツバーへ行くことに。
さっきまでは接待的なムードが漂ってはいましたが二人きりになってしまえばこっちのフィールドです笑

タカポンの口説きモードが発動されてダーツを楽しみながら徐々に距離を縮めて行きます。

ゲームをやると罰ゲームをしたり、いろいろと盛り上がれるというのが良い点でもあります。ほどよくお酒も入って楽しく飲むことがホステスさんを口説くためのコツでもあるのですが、そこにタカポンの鉄板トークも加わってかなり良い感じになってきました!

 

これは、このままお持ち帰りか?

 

 

とよからぬこを考え出した時に、決定的なミスを犯していたことに気付いたのです・・・

 

 

そう、タカポンは出張で来ているという体になっているのです。
ということは、どこかホテルに泊まっていないとつじつまが合わないんですね・・・

頭をフル回転させて考えます。
どうやったらこの流れのままでお持ち帰りできるだろうか・・・

  • 実は東京の人間じゃないと暴露する
  • なんとか女の子の家に行く
  • 今からホテルを取る

 

う〜ん無理がある!!!!

 

 

結局次ぎに繋げるというカタチで泣く泣く解散するのでした。。。。

 

まあ、良いカタチになって解散しているので次回どこかビジネスホテルをとって札幌に来たことにすればお持ち帰りできる可能性はけっこう高いと思います笑

 

これは、タカポンの東京から来る友人も実際に言っていたのですが出張で来た場合はホステスさんをお持ち帰りできる確率ってけっこう上がるみたいなんですよね。

ホステス側からしても、頻繁にすすきのにくる出張客というのはけっこうアツいと思うんですよ。
辺にめんどくさくもないし、太客になってくれる可能性も高いですからね。
実際に太客のほとんどが札幌の人じゃないっていうホステスさんもけっこう多いです。

 

まあ必ずしも出張客だからアフターに行けるとか、お持ち帰りできちゃうなんてことはないんですが、すすきのでホステスさんを口説こうとして中々上手くいかない人なんかはダメ元でやってみるのも面白いかも知れません笑

ただし、東京だったり、すすきの以外の地域について詳しくないとボロが出ちゃう可能性もあるのでその辺は事前に準備しておかないといけないんですがね・・・

←ランキング参加しました!読み終わったらポチっと押してね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ