すすきの名物逆セクキャバクラってなんなの?

すすきののキャバクラはおっぱぶであってセクキャバである。

これは何度も書いて来たことなのですが、その中でもソフトキャバクラとハードキャバクラに別れていることも有名です。ハードキャバについてはこちらの記事を読んでいただければわかると思います。

⇒ハードキャバクラってなんやねん

簡単に言ってしまえばキャバ嬢のおっぱいだけではなくて下の方も触れるのがハードキャバってことになるんですけど、挿入はもちろんのことヌキのサービスもないです!

てことは、さんざんエロいことをしてムラムラするだけして欲求不満の極限状態になって終わりなんですよね・・・
なのでタカポンはあまりハードキャバクラには魅力を感じていないんですよね。

だって、こっちは別に気持ち良くなれるわけでもなくお金を払っているのに女の子を気持ちよくさせるために奉仕するなんてドMじゃないですか笑

もちろんそれが快感であって目的である人なら非常に楽しむことができる楽園のような場所だとは思いますが・・・
で、そんなドM気質がある男性であればもっとオススメなのがこの

【逆セクキャバクラ】

というジャンルになってくると思います!!

観光客や本州の方には馴染みのない言葉なのではないでしょうか?

 

 

逆セクってどんなサービス内容なの?

そもそも逆セクってな〜に?と思った方も多いかと思います。このようなサービスのお店が東京やその他の地域であるのかは不明なのですがすすきののキャバクラ好きの間ではそうとう有名なお店になっています。

まず基本的にはキャバクラなので女の子が横についてお酒を飲みながらちょっとえっちなことをしながらお話をするお店になります。
しかし普通のキャバクラと決定的に違う点が逆セクの醍醐味でもあるのですが

ソファに手錠が備え付けてあるんです!

逆セクというだけあって、もちろん手錠をされるのはお客さんの方ですよ。女の子に手錠をして攻めまくるというサービスではございません。

通常のキャバクラでダウンタイムと言えば女の子がお客さんの上に股がっておっぱいを触ったり、舐めたり、キスしたり・・・
というサービスになっているのですが、この逆セクではお客さんは一切攻めることはできません!!

ダウンタイムが始ると(始らなくてもOKみたいだが)お客さんはソファについてる手錠をされます。その手錠というのが二人掛けソファの両端についているので必然的に両手を広げているような格好になってしまいます。

イメージ的にはこんな感じです笑

tejyo-

 

そしてアイマスクをされちゃいます!!

つまり身動きが取れない状態でさらに視覚も奪われてしまうのですね。
これはもうドMの人であればそれだけで「ハァハァハァ」ってなっちゃいそうな状況です。

そんな状態で女の子に弄られる快感を味わってしまうとクセになってしまう人が続出なのだとか・・・

 

そして女の子は躊躇することなくベルトを外してズボンを脱がしてきます。
さすがにパンツまでは脱がさないですが、パンツ越しにお客さんの息子を

サワサワサワサワ
サワサワサワサワ

 

耳元でエロい言葉を投げかけて来たり、耳を甘噛みする嬢もいるんだとか。
また、上半身も服を捲られておっぱいを

サワサワサワサワ
サワサワサワサワ

 

口で耳元を攻めつつ、右手で乳首を、左手でアソコを

サワサワサワサワ
サワサワサワサワ

 

そんな3点攻めを繰り広げてくれるのがこの逆セクのダウンタイムなのです!!!!

 

 

 店内の様子はどんな感じなの?

このようなサービスを行うお店なので当たり前のように店内はかなり薄暗い照明になっています。キャバクラはどこも薄暗い店内になってはいるのですがその中でも暗い部類に入ると思います。

また、基本的にマンツーマンのサービスになっているのでボックス席というものがなく、二人掛けのソファが並んでいる状態になっていることがほとんどです。

なので団体であったとしてもみんなで同じ卓を囲んでワイワイ楽しむという場所ではありません。複数人でお店に来たとしても別々の席に案内されることになります。この辺はハードキャバクラも同じような感じになっていますね。

ソファの前に小さいテーブルがあって一応アイスセットなんかは置いてありお酒も作ってくれますが、えっちなサービスがメインなのでそんなにガバガバお酒を飲むお客さんは少ないようです。

 

ちなみに入ったことはないのですが、この逆セクのお店であってもVIPルームがあって複数人で入れる造りになっているそうです。ただ、このVIPルームも一人で利用することによって特別なサービスを受けることができるとかできないとか・・・笑

 

 

料金システムはどんな感じなの?

システムについては通常のキャバクラと同様のシステムになっていて40〜50分1セットで飲み放題となっていますが、一部有料のドリンクもあります。

他のキャバクラと同様に女の子のドリンクもコミコミにはなっていますが、女の子は有料のドリンクをおねだりしてくる可能性があったりします。

延長や指名、VIPルームについても別料金が設定されていて、さらにTAXが基本料金に追加されるシステムとなります。

無料案内所で割引チケットを貰えますが、利用する案内所や曜日・時間帯によって料金や時間は変動します。
また【名案内コナン】という案内所経由でお店に行くと先に並んでいる人がいても優先して入ることができるそうです。

 

 

逆セクのお店ってどこなの?

この素晴らしい逆セクのサービスはどのお店に行ったら受けられるの?と気になっている人もいますよね?

すすきので逆セクを受けられるキャバクラは以下の3店になっています。

  • 桃白白(タオパイパイ)
  • シンシア
  • ベルファーレ

 

この中で最も有名なのはやはり桃白白だと思います。週末であればもちろんのこと平日であっても待ち時間が発生するほどの人気店になっているので多少は時間に余裕を持ってお店に行く方が賢明でしょう。

桃白白とシンシアはそれぞれ別のビルですがすすきのラフィラの裏の細い道(銀座通り)にあります。ベルファーレは比較的新しいお店なのですが、すすきの交番が目印の第1グリーンビルにあります。

もしもわからない場合は無料案内所で詳しく聞くか、お店の人に迎えに来てもらうと良いと思います。

 

 

 

これがすすきのが誇る逆セクキャバクラというジャンルになるのですが、基本的にはキャバクラなのでいくらえっちなサービスがウリとは言えヌキのサービスは行ってはいません。

まあ、聞く話ではそれ以上のサービスを受けたことがあるなんて人もいるんですが・・・

ただし!やはりキャバクラはキャバクラです!

もしもそれ以上のことを望むのであれば、すすきのにはヘルスやソープなんかは数えきれないほどあるので大人しくそちらでスッキリした方が良いでしょう。

 

 

もっとお手軽にえっちなことがしたい人はこちらを参考にしてみて下さいね!

 

←ランキング参加しました!読み終わったらポチっと押してね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ