キャバクラあるあるなのかも知れないけど・・・

ニュークラ嬢やキャバ嬢の方ってブログをやっている人は多いですよね。
と言ってもナイツネットでのブログなんて所詮営業ツールなので、愛犬の写メやら、新しいネイルの写メやら、自撮り写メなんかのオンパレードなわけです。

ただし、アメブロやらCROOZなど他のブログサービスで、匿名ではあるけどキャバ嬢の本音を書いているブログなんてのもあったりします。

このキャバ嬢の本音ブログって読んでいると楽しいことは楽しいのですが、あまりにも怖い内容も多いので、メンタルの弱い人や、一人のホステスに嵌っている人は絶対に読まない事をオススメします。

ま〜何と言うか黒服やお店への愚痴なら可愛いものですが、客の悪口満載のある意味ストレス発散ブログでもあったりします。

ホスラブ小説なんかで面白おかしく書いている分にはまだ良いのですが、心の底から憎悪と怨念に満ちた文章をひたすら綴っているブログなんかを見ると自分の行動を振り返ってしまいます・・・

八方美人の色恋キャバ嬢に限って裏ではそうとう腹黒いこと考えているのがわかってしまいますよね?

 

絶対にバレていないのだと思っているのでしょうが、自らのホスト通いだったり恋愛事情を徒然なるままに書いている人も中にはいるのですが、そんな某嬢の正体を知ってしまいました・・・

その某嬢と言うのは、知り合いの社長さんが指名をしている子なのですが、彼女はアメブロをやっていました。
そのアメブロというのが、アメンバーというお友達であることを承認した人にしか公開しない設定にしているようなのですが、どういうワケか最新の3記事くらいは一般の人でも見れてしまうのです!

そして、そのブログには自分のお客との接客した内容についてかなり具体的に書かれていたのです!!!

しかも、自分のお客さんを実際に読んでいるあだ名で書いていたので、ついうっかりその社長さんにバレてしまったんです!
もちろんその社長さんは某嬢にはそのことは話していませんが、タカポンには教えてくれたので実際に見てみました笑

 

まあ、その社長さんは別にその子に嵌っていて口説こうとしていたワケでもなく、ブログ上でもそんなに悪意のある内容は書かれていなかったのですが、他の客やら、一緒に働いている嬢のことはこっぴどく悪意のある書き込みが随所に見られました笑

やっぱり太客さんのことは割とやんわりと書いていて、細客になればなるほど酷い書かれようなんですよね・・・

「腰に手をまわして来てマジでキモい」

「そんなに触りたきゃもっと金使え!」

「たった数回の指名で外で会おうとかマジ無理」

こんな感じの内容は日常茶飯事のように書かれているのです。

 

ぶっちゃけ言って、酷い書きようだとは思いますが、ほとんどのホステスさんは表に出さないだけでこんな事を思っていたり、仲良しの嬢との会話では平気で言っていることだと思うんですよね。

 

お店以外で知り合ったホステスさんと仲良くなるとそんな話は普通によく聞きます。例えばタカポンの場合は行きつけのバーで知り合ったホステスさんはかなりの数いるのですが、プライベートでのホステスというのは本当にお店とのギャップが激しいです。

清純そうに見える子ほど、辛口が多い気がするのは何故でしょう??
逆に見た目はキツそうで、怖そうな子ほど意外と純粋だったりもします。

 

さて、これは友人のお話なのですが、彼には半年以上も通っているお店がありました。
その友人とは何度かそのお店に行ったことがあるのですが、その友人が指名している子というのが絵に描いたような色恋ぶりっ子ニュークラ嬢だったりするのです。

絶対に俺の事好きだ!と疑わない友人には何度も釘を刺してはいたのですが、聞く耳を持つわけもなく通い続けていたのです。

まあ友人はけっこうな頻度では通っていたものの、使う金額的にはそこまで大した額ではなく所謂太客という存在ではありません。

その日も友人とタカポンともう一人の3人でその子のお店に行って飲んでいたのですが、帰り際に事件は起きました。

 

ニュークラって入っているビルによってはエレベーターの前まで女の子が見送りに来るお店がありますよね?
いつものようにエレベーターに乗り込むタカポンたちを見送ってエレベーターの扉は閉まったのですが、1Fボタンを押さないとそのまま動かない事ってよくあると思います。
まさしく、そんな感じで誰もボタンを押さずにその場にしばし停まった状態になってしまったのです。
で、意外とエレベーターの扉って外の声が聞こえてくるもんなのです・・・

そこで、聞いてはいけない声を友人は聞いてしまいました。

 

「あいつ、毎日何十回もラインしてきてマジキモいんだけど。」

「既読スルーしてたら永遠送ってきてストーカーかっつうの!」

 

 

コンマ2秒くらいで1Fボタンを押したタカポンでしたが、時すでに遅しでした・・・
非常に居たたまれない空気の中1階までの時間がものすごく長く感じました。

 

その後、友人は連絡先から某嬢を削除して、朝までハードキャバクラ3件ハシゴしたのは今でこそ笑い話になっていますが、当時彼が負った傷は相当深かった事と察するのは容易です。

 

ニュークラ嬢のみなさん!できればエレベーターの動作確認は慎重にお願い致しますね笑

 

←ランキング参加しました!読み終わったらポチっと押してね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ