朝方のすすきのでニュークラ嬢と遭遇すると・・

タカポンは朝まで飲んでいる事が多いのですが、朝方のすすきのと言うのは独特の雰囲気がありますよね。

土曜日や日曜日は、同じように朝方まで飲んでいた若いグループが道端でグロッキーになっていたり笑
カラスがお店から出たゴミを漁っていたり・・・

朝までやっているラーメン屋なんかは6時とか7時なのに満席だったり・・・

ちなみにタカポンはケンタッキーの横にある味の蔵がお気に入りです。
もうそんな時間だとかなり酔っぱらっているので、友人達もおかしなテンションです。

一人が替え玉を頼むと、何故かみんなして競い合うように替え玉を次々と注文して5玉くらい食べたり笑

全然関係ないですが、味の蔵は壁一面にホストやらニュークラ嬢やらキャバ嬢の名刺が貼ってあります。
それを見て、

「あ、この子知ってる」

なんて会話をするのも楽しみのひとつでもありますよね笑

 

そんな朝方のすすきのでは知っているホステスさんと遭遇することも多々あります。

ある日の場合は、やたらとおかしなテンションの美女二人組が千鳥足になって歩いているな〜と思ったら

「あ〜〜タカポ〜ン」

と言って近づいて来ました。

その子は、タカポン自身が指名していた子では無かったのですが、いつも飲みに連れてってくれる先輩の指名している子でした。
某店のナンバー1の子でしたが、一緒にいたのは同じお店のナンバーに入っている子です。
その子自体は何度か見た事があったのですが、雑誌などにも良く表紙とか飾るような超有名嬢です。

しかもホス狂いで有名な子です・・・

ちなみに、ナンバー1だった子はすでにホステスを卒業していますが、このホス狂いの有名嬢は今現在も現役です。

 

ナンバー1嬢「た〜かぽんなぁにしてるのぉ〜?ぃっしょにのもうょ〜ぅ」

相当ベロンベロンです・・・

タカポン「お前こそなにやってんの?てか相当出来上がってるな〜」

ナンバー1条「ほすとだよぉ〜」

予想通りではありますがやっぱりホス狂いのウワサは真実だったようです・・・

 

まあ、ホステスさんにはよくあるコトなんですけどね。
それだけストレスが溜まっているんだな〜と広い心で受け止められるタカポンは器がデカいです笑

 

とまあ、こんな感じで朝方にニュークラ嬢と出くわすことは日常茶飯事なのですが・・・

別々のニュークラ嬢と鉢合わせに!なんてシチュエーションも過去にありました。

 

この状況というのが、最初にタカポンが以前指名していた嬢とばったり会ったわけです。
まあ、この子は実は男女の関係になった子だったのですが、付き合うわけでもなく、それ以降はお店には行っていなかったのですが、普通に連絡を取り合ったり仲良くしていた子です。
仮にA嬢としておきましょうか。

 

A嬢とは、ちょいちょい一緒に飲みにも行っていた子だったので、普通に道端で話をしていたのですが
そこへ他のお店のB嬢が通りかかったのです!!!

この通りかかったB嬢というのが、タカポンがその時ちょっと狙っていた子だったんですよね。
某店のナンバーに入っている嬢です・・・

 

A嬢はそんなに有名な嬢ではないのですが、B嬢はまあまあ名前の売れた子だったりします。
年齢は見た目も実年齢もA嬢の方が若いんですけどね。

その時までタカポンはB嬢の事は狙ってはいましたが、あからさまに口説いていたわけではありません。そしてもちろんB嬢はタカポンの事はなんとも思っていない状態だったと思います。

 

こんな状況だと思わぬ方向へ物事が進むのだと言うことを実感しましたね・・・

 

B嬢が明らかにA嬢に対して敵意をむき出しなんです。
いや、もちろん直接的には言いませんよ。ただ、雰囲気でわかるんですよね。

 

そもそもニュークラ嬢って、自分のお客さんが他に指名している子って気になる人はめっちゃ気にしますよね?
当たり前と言えば、当たり前なのですが、しつこく

「〇〇店行ったの?誰指名したの?ね〜誰指名したの?」

という風に聞いてくる嬢もいます。

何回か指名している子だと

「他の店行ってもいいけど指名はしないでね」

とか言う嬢もいます。

過去に付き合った嬢に関しては

「他の店で指名したら殺す!」

とまで言われた事があります・・・

 

全く感心を持たない嬢もいることはいるのですが、基本的には他の指名嬢に対しては非常に敏感になる子が多いです。

 

そんなことがあってから、B嬢からの対応が明らかに変わりました。
やっぱり、ナンバーに入る子というのはプライドが高い子が多いと思うんですよね?

年下の、自分よりも売れていない子になんて絶対に負けたく無い!

そんな感情が少なからずあったんじゃないかと思うんですよ。

 

後日お店に行った時にはB嬢の方からアフターに誘って来たのです!
さらに、休日にご飯食べに行ったりするようにもなり、結果的には・・・

 

B嬢とも男女の契りを交わすことになったのでした。

 

まあ、その後B嬢は目的を達成したのか、熱が冷めたのか・・・
徐々に連絡も少なくなり、いつしか音信不通になってしまいましたがね笑

 

タカポンは色んなホステスさんを口説いているんですけど、このプライドを刺激するというのは非常に有効な手段なんじゃないかなと思ってます。

そんな嬢の心理を逆手にとった言動なんかを、とぼけたフリして敢えてとっているのがタカポンの戦法なんですけどね。

 

具体的にはどんなことをやっているのかについては、タカポンのメルマガでこっそりヒントみたいなものを暴露しちゃったりもしています。

 

 

 

←ランキング参加しました!読み終わったらポチっと押してね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ