ホステスとはじめての(アフターで)チュウ!?

ぶっちゃけ言って以前は一人の子に嵌る体質だったので、同じ店に1年以上も通い詰めていた事がありました笑

現在ではそんなことは有り得ないんですが、通っていると常連さん扱いを受けられるんですよね!
例えば、店長やマネージャー、部長などの肩書きの黒服が名刺を持って挨拶をしにきたりします。

キャバ嬢だけでなく、こういった店員さんの名刺も随分貰いました。
 

それはそれで、あからさまに女の子を口説くことができないというデメリットにもなっちゃうんですけど、移り変わりの激しい業界なので現在はタカポンのことを認識している人はけっこう少なくなりました。

それでも、昔からあるグループの幹部とかだと未だにすすきのですれ違った際に挨拶されたりします。

黒服「タカポンさん〜最近全然来てくれないじゃないですか〜」

まあこんなやり取りをすることはけっこうあります。
年齢なんて関係なく、お店に貢献してくれた人にはそれなりの対応をとるのが当たり前なんですよね。

 


そんなある日、タカポンが通っていたお店とは別の系列店にたまたま友人と訪れた際に、その黒服さんがいました。黒服さんもグループ内の他店に移動になることは頻繁にあります。

すると、当然のように席に挨拶にくるワケですよね!

これって女の子にしたらかなり興味津々なんですよ。

「あの人、幹部と仲良し?もしかして太客?」

「こいつ捕まえておきたい!」

なんてこと考えるんじゃないですかね〜笑

また、以前の常連っぷりを黒服も知っているので、初回フリーで入ってもナンバーの嬢を次々と席につけてくれたりします。
さらにボトルをサービスしてくれたり、VIPルーム無料で入れてくれたり、けっこうな待遇です。

 

そうなってくると、女の子はもうかなり積極的です!
場内指名をしていないにも関わらず連絡先の交換を迫って来るんですよね!

 

その日ついたのは、当時のナンバー2とナンバー3と、売り出し中の新人ちゃんです!
それはそれは見た目とは裏腹に仁義亡き戦いが水面下で起きています!

なんとしても他の子に取られたく無い!

ナンバーに入ってるような子だと人一倍プライドも高く成績に対してストイックな考えを持っている子が多いです。

裏ではどんなに女の子同士仲良くしていても、心の奥では他の子には負けたく無い!
という気持ちが少なからずあるはずなんです。

 

結局その日は誰も指名はせずに全員と連絡先の交換だけしました!

 

 

ナンバー2のR嬢(仮)から次の日さっそく電話が!

さすがです!

 

営業チックなことは一切出さずに、何気ない世間話だけをする。

その後もそれぞれの子とは頻度は違いますが、それなりにやり取りを重ねて行きましたが、このR嬢は毎日のメールに加えて数日に一回は必ず電話もしてきます!

これを複数の男性に対して毎日やっていると考えると恐ろしいと思いますが、そのくらいの根性がなければナンバー上位をキープするというのは中々難しいものです。

そこまでして稼がなくてもいいや〜

と考えているホステスさんも多いとは思いますが、それぐらい本気で仕事に取り組むホステスさんの方がタカポン的には好感が持てます。
意外と仕事はきっちりやるんですよ僕笑
なので、仕事に対して真剣に取り組む子の方が好きだったりするんですよね!

 

で、2週間後くらい経ってR嬢を本指名でお店に行ってみました!

たまたま友人の誕生日が近かったのでそのお祝いの意味で連れて行ってお誕生日会という名目です!
最近ではホステスの誕生日にお店に行くことはほとんどないのですが、男友達の誕生日なんかはニュークラに行って派手に騒ぐことはけっこう多いです。

 

R嬢「タカポンさん〜来てくれたんだ〜ありがとう!嬉しい!」

タカポン「今日は連れが誕生日なんだよね〜」

R嬢「わ〜めでたいね!一緒にお祝いしましょ!」

 

というワケでシャンパンなんかも頼んで、盛大に盛り上がります!

「ハッピーバースデー!!!」

ちなみに友人もついた子が気に入ったようで場内指名を入れて上機嫌になってます!
誕生日と言えば恒例のテキーラ祭りなんかもやっちゃいます♪

ひとしきり盛り上がって頃合いを見てチェックするのですが、お会計をタカポンがさらりと払うことで、より一層R嬢からの食い付きがよくなるワケですw

誕生日という武器を最大限に利用して、当然のようにアフターに行くことになったのですが、この友人についていた子が中々空気の読める子で2軒目に移動する際に、さりげなくセパレートして行きました。

 

さてR嬢と二人になったタカポンはというと、

 

 

 

何もせずにR嬢を送ります。
 

これだけ積極的にタカポンに食い付いてきてアピールしてきたR嬢にしてみれば、けっこう肩すかしをくらったんじゃないでしょうかね。

おそらくですが、他の客であれば二人でもう一軒飲みに行ったり、身体目的でよからぬ事を考えそうなもんです。

タカポンの推測ではありますが、R嬢は色恋感が満載なので、ホテルなどに誘って来た場合の対処法なども熟知していることでしょう・・・

 

そんなR嬢の思惑とは逆の行動を取ってみました!

 

すすきので働くホステスさんは、お店から徒歩圏内に住んでいる子が多いのですが、このR嬢も歩いて帰れる距離に自宅があったので、二人で歩いて帰ります。

積極的に手を繋いでくるR嬢。

自宅の場所を教えてくれるホステスさんてけっこういるんですけど、何にも考えていない子もいるかも知れないが、ある程度信頼している相手じゃないと基本的には教えないと思うんですよね!

 

なので、この時点である程度のR嬢との信頼関係は構築していたと思うのですが、自宅まで送り届け

「バイバイ〜」

と言って中に入ろうとしたR嬢が急に振り返って、戻ってきました!

と、思った瞬間、R嬢の方からタカポンに

Kiss!

 

さすがに、ここまでくるとタカポンとしても想定外の展開でした!

恐るべしR嬢!
自分の想定通りに事が進まないので焦ったのでしょうか、捨て身の体当たり作戦??

 

と、思った瞬間にぱっとR嬢が離れます!

すすきのにあるマンションなので、ホステスさんがけっこうたくさん住んでいるんですよね・・・
ふと見ると、後ろからおそらくホステスと思われる女性がマンションの入り口の方へ向かって来たのです。

 

気まずそうにするタカポンとR嬢。
完全に見られていたな・・・・

 

そまま部屋に行こう!
とも一瞬考えましたが、冷静さを取り戻したタカポンは敢えて帰ることにしました。

 

どっちがペース(主導権)を握るのか!

という心の駆け引きがあったワケなんですけど
その後のR嬢との展開については
ご想像におまかせすることにします笑

 

 

この話って、太客になって黒服と仲良くすると良い!
ということを言いたかったわけではないんですよね。

でも、ホステスさんを口説きたい!と思っている人にとってのヒントみたいなものがあるんじゃないかな〜と思ってます。

 

ホステスさんを口説く秘訣って●●なんですよね〜!

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加しました!読み終わったらポチっと押してね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ