キャバクラを題材にした漫画はたくさんあるけど

ものすごく面白い漫画を見つけてしまいました!

 

キャバクラを題材にしている漫画って結構たくさんあるんですよね。
テレビドラマや映画になった作品も数多くあって女帝はかなり昔に読んだけど、政治ネタやヤクザネタなど色々書かれていて、仕事にも中々役に立つ作品だったと思います。

他にもドラマ化されたもので有名なのは、お水の花道や嬢王などがありますが、どれもやっぱり現実離れしている感じは否めませんよね?まあ漫画なのでリアリティ出し過ぎてもとは思いますが・・・

 

漫画やドラマってどれも読者を楽しませるのが目的なのでリアリティはある程度消さないと中々面白いものにはならないと思うんですよ。

例えば、病院・医者系のドラマは毎年毎年新しいものが放映されてますが、実際の医者や看護師さんはみんな

「いや、ありえないから!」

と思いながら見ているそうですね笑

 

同じようにキャバクラの漫画やドラマも、キャバ嬢のみなさんはそんな風に思って見ているのだと思います。

ただ、ありえない!
とは思いつつも自分の職場の漫画やドラマってついつい見ちゃうんですよね。

 

キャバ嬢の話ではありませんが、新宿スワンなんかはすすきの編で、背景とか見た事ある景色が描写されたりしていて妙に嬉しかったりしました笑

 

で、今回見つけた面白いキャバ嬢の漫画ですがコチラです!

 

インドでキャバクラ始めました(笑)
http://www.moae.jp/comic/indodekyabakura/1

 

まず、タイトルからして衝撃的ですよね!!!!

インド???

インド???

 

インドにキャバクラなんてアリなの??

と、作者の沼津マリーさんも思ったそうですが、完全にウソのような実話です笑

 

元々キャバクラで働いていたマリーさんがお客さんであった知り合いの社長にいきなりインドでキャバクラやらないか?と持ちかけられる所から話が始まります。

この漫画基本的に4コマ漫画で構成されているので非常に読みやすく、自虐ネタやあるあるネタが満載で一気に引き込まれちゃいました笑

インドでに行ったは良いものの、場所以外何も決まっていない状態から営業を初めて、数々のエピソードが簡略化されて、それでいて面白おかしい内容にまとめられてるんですよね。
リアリティがあるというか、実話なので自分もインドに行っているのでは?と思うくらいの臨場感ある構成です!そしてマリーさんの超ポジティブな思考と日々の葛藤が絶妙なタッチで描かれています!

 

キャバクラというよりはスナックみたいなお店になってますが、現地で採用するそれぞれキャラが立った女の子達も見物ですし、個人的には田中さんがツボでしたwww
後半にはちゃっかり恋愛系の話もぶっ込んで来るあたりは、実話なんだけどドラマチックな展開にもなって楽しめます!

 

インドでの話以外にも東京のキャバクラで働いていた時のエピソードなんかも満載なので、読んでいて

「わかるわ〜」

と思う内容も多々あったりします。

 

偶然この漫画を見つけることになったのですが、少し前の記事でキャバ嬢がお客さんのタバコに火を付けるのって意味あるの?ということを書いてましたがマリーさんもやっぱり同じことを思っていたというエピソードがあって妙に親近感が湧いてしまいました笑

 

この沼津マリーさんは現在は漫画家として働いているようですが、なんとテレビにも出演したことがあるんですね!

 

 

この、インドでキャバクラ始めました(笑)は単行本にもなっていますが、前半と後半部分はWEB上で無料で見られるみたいなので興味のある方は読んでみて下さい!

←ランキング参加しました!読み終わったらポチっと押してね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ