【体験談】高級ニュークラCLUB ARROW(アロー)

大阪や東京でも有名な老舗グループでもあるARROWグループのすすきの店でもあるクラブアロー。
すすきの駅前通りの南興ビルの真向かいにあるファミリーマートが目印の美松ビルの8階にお店を構えている。

銀座にも出店していたというだけあって高級店のイメージがあるが、逆にそのコンセプトがすすきのでは馴染む事が出来なかったような気もする。
系列のTeteは閉店してしまい、現在はClub Mirage sapporoという新しいお店になっているようだ。

 

このアローは無料案内所で割引チケットは出ているが、女性ドリンクとTAXは別料金での案内になっている場合がほとんで、コミコミ価格になっていることはあまり見かけない。

 

ということは、ホステスさんからの執拗なドリンク攻撃があるのかな?と思いながらお店に行ってみた。
ちなみにこの日は友人と二人での突撃

 

エレベーターを降りると広めのエントランスがあり、正面にARROWの入り口がある。
店内に入ると、左手にはバーカウンターがあり、右側には細長い長方形のフロアがあり壁沿いにソファが敷き詰められている。
仕切りなどがないのでフロアは全体を見渡すことができた。

その日は平日であったせいかフロアでは3組ほどしかいなかった。

 

最初についた女の子は長身でスタイルが良く常磐貴子に似た雰囲気を持つ子だった。
貴子ちゃんはアラサーですすきの歴10年を超えるベテランホステスさん。

ベテランということはドリンク攻撃も多彩なワザを繰り広げて来るに違いない!
と思い、どうやって切り替えそうか色々考えるタカポン。

この日は無料案内所のチケットでは4000円で女性ドリンク・TAX別にプラスして鏡月1本サービスという内容になっていた。
そのためタカポンは鏡月の水割りを頼んでいたのだが、なんと貴子ちゃんも同じく鏡月の水割りを飲み出したではないか!

あれ?

ちょっと肩すかしを食らった気分のタカポンです。
女性ドリンク別のチケットなので、当然のように1杯2000円くらいするカクテルとかを頼んで来るものだと思っていたのに、非常に謙虚な貴子ちゃんです!!

 

この貴子ちゃん話をしていてもとても謙虚です。
さらに自身がアラサーなことを自虐ネタにして笑いも取れる!
テーブル周りの灰皿やグラスの状況もよく見ていて気遣いも抜群!

しかし、あまり積極的な営業などが苦手なそうであまり売上は良く無いらしい・・・

 

お〜なんか可哀想な貴子ちゃん!
おじさんが場内指名をしてあげようね〜!

 

って、んなワケあるか〜〜い!

10年もホステスを続けられるってコトは、それなりに固定客を持っているに違いありません。
確かに若い頃と比べると売上は落ちているのかも知れないですが、これが貴子ちゃんの接客スタイルなのでしょう!
謙虚な姿勢と自虐によって好感を与えて、同情をしてもらう!

なかなか上手い方法だとは思いますが・・・

 

結局自ら場内指名を煽るようなコトもなく、普通にLINEだけ交換してチェンジの時間になった。

 

 

二人目に登場したのは20代中盤の若い子です。
それほど混んでいなかったので確認できた人数は多くはなかったのですが、周りを見てもこのお店はスタイルが良い子が多い気がする。

この子もスラッとしたスタイルの良い感じの子で、貴子ちゃんとは違い絵に描いたような甘えん坊キャラです。
話し口調なんかもアナウンサーの田中みな実みたいな感じで、タカポンの予想通りに有料ドリンク攻撃をしてくれます

「わたしも何か飲みた〜い」

やっぱり、賛否両論がありますが結局のところ一番男ウケが良いのはこのスタイルなのでしょう。
その分、同性からは激しく嫌われる傾向にありますが・・・

 

基本的にこういうぶりっ子系が苦手なタカポンは当然のように鏡月の水割りを自分で作って飲ませてあげるわけです笑

まあその後の対応が180度変わってしまうのは想定の範囲内ですねw

 

ホステスさんのドリンクおねだりについてはこちらも参照ください!
場内指名や有料ドリンクのおねだり対策はコレ!

 

このみな実ちゃんは話も特に面白くもなんともなかったので、途中でトイレに行った時でした。
このアローのトイレは入り口左側のバーカウンターの向かい側にあります。

普通にトイレに入ろうとすると、何やらバーカウンターで一人のホステスさんがめちゃくちゃ怒った口調で黒服さんに文句を言っているではありませんか!

その横を通り過ぎようとすると、黒服さんと目が合って

ニコッ

と微笑む黒服さん!

タカポンも

ニコッ

と微笑み返してみる・・・

ホステスさんはムスっとした表情で一瞬下を向く・・・

 

で、トイレから出てくると、まだやり合っているんですよ!

 

ホステス「だから〜そういうこと言ってんじゃないんだって!あたしはあたしなりにちゃんとやってるの!」

黒服「それはわかってるから〜」

ホステス「そんなんだったら、あたしもう出来ない!もうこの店辞めるよ?」

黒服「そんなこと言わないでさ〜」

 

う〜ん、何か重い話をしています・・・
てか、こんな客に見られる場所でやらないで裏でやれば良いのに・・・

と思いながらも、お互いに気まずい表情で通り過ぎます。

 

この件については、何故モメていたのかも、その後どうなったのかもわからないので特にオチはないのですが、面白い光景だったのでただ何となく書いただけです・・・スミマセン

 

CLUB ARROW
無料案内所:4000円1セット60分
TAX25%
合計 5000円
 

←ランキング参加しました!読み終わったらポチっと押してね!

2 Responses to “【体験談】高級ニュークラCLUB ARROW(アロー)”

  1. にゃ より:

    悪っぽい人系の出入りも多かったようで、あまりいい話は聞こえないです。

    随分、ニュークラ、キャバクラも行ってないですが、コスパ悪って感じてから足が向きません。

    たまーに行くスナックか風俗で十分です。

  2. 無名 より:

    ここでぼったきられました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ