すすきので深夜まで営業している人気のラーメン店【鬼武者】

すすきので飲んだ帰りにはやっぱりラーメンを食べて帰る!
どの世代の人でもこの王道パターンは経験したことが多いんじゃないですかね〜。

すすきのは夜の街なので深夜まで営業しているラーメン屋がたくさんあります。というかほとんどのお店は夕方から営業を開始して夜遅くに閉店となっています。

 

札幌は日本三大ラーメンに数えられるほどのラーメン激戦区なので、街中だけではなく郊外にも数多くのラーメン屋があります。中でも有名店は支店や暖簾分け店舗も多くその味は伝統になって受け継がれているものも少なくありません。

すすきのにもそういった有名店支店やチェーン店は数多くありますが1店舗だけでやっており人気を博しているラーメン屋のひとつに【鬼武者】があります。

出張や観光ですすきのを訪れた人はもちろんのこと地元に人間やすすきので働くホステスさんなどにも大人気のこのお店は札幌のラーメンには珍しく醤油ラーメンが人気のお店になっています。通常札幌ラーメンと言えば味噌ラーメンを想像する場合が多いのですが、北海道産の厳選香味野菜と一緒にじっくりと3日間熟成させたより深いコクと甘みのある鬼武者秘伝のタレが人気の秘訣となっています。

もちろん味噌ラーメンや塩ラーメンもこだわりの味になってるのでどのメニューを選んでも失敗はないとは思いますが、個人的には絶対に醤油ラーメンをオススメしたいと思います!

 

また立地条件もかなり良くて、すすきのの飲み屋や風俗が集中している5条通りに面した場所にあるので、飲みに出て移動中などにも目につくため、帰りに寄りたいと思ってしまいます!

5条通りのセブンイレブンの横にあるので、客引きやガーズルバーのキャッチなどが数多くたむろしている場所にはなるのですが、週末の夜には長蛇の列ができるほどの人気店になっています。

onimusya

 

店内は黒を基調としていますが清潔感のあるキレイな感じになっていて、入り口を入るとすぐに店名の通りの鬼武者さんが歓迎してくれます。
とても高そうな甲冑の武者が飾られていてそれだけでも一見の価値はあります!

onimusya01

このお店は最初に食券を購入するシステムになっているので煩わしい注文や会計に時間を取られることもありません。とくにこういった人気店でかなりの順番待ちがある場合はそういったシステムはかなり嬉しいです。できるだけ早くお客様にラーメンを提供したいというお店側の心遣いが伺えます。

席は向かって左側にカウンター席があり、右側にはボックス席があります。カウンター席も十分な席数があり一人で入っても全く問題のない雰囲気になっています。女性のお客さんの為に荷物入れも完備されているので安心して訪問することもできます!

 

今回注文したのはもちろん武者醤油になります。

ド〜〜〜〜ン!!

onimusya04

味は意外にもけっこうあっさりしていて、飲んだ後に食べるのには良いのかも!
次の日にもあまり残らなそうな感じで軽くズズズズ〜っと食べられます。店内を見渡すとけっこう女性のお客さんも多く見受けられました。

仕事終わりのニュークラ嬢なんかも来たりしてますし、アフターでとりあえずラーメン食べてからもう一軒飲みに行く!なんてことも十分にありますね。
というか、そのコースをやったことがあります笑

 

深夜0時くらいにはかなり混み合うのでもう少し早い時間か、思いっきり遅い時間に行く方が良いかも知れません。
終電間際や、ニュークラなどの飲み屋さんが終わる2時前後はその帰りと思わしき人で列が出来ているのを頻繁に見かけます。

またそんな時間だとベロンベロンに酔っぱらって食べている最中に眠りそうになる人も見かけたりしますね笑
楽しいのはわかりますが飲み過ぎて周りに迷惑を掛けるのだけは避けたいところです。

すすきのでこうなる前にできることがあったwww

 

深夜まで営業と書きましたが、この鬼武者さんはなんと朝の7時まで営業しているので始発前に朝食代わりに食べるなんてことも可能だったりします笑

また、相当深酒をして朝方にお腹が空いたなんて時にも活用できそうなイメージですよね。
観光や、出張の人はすすきののホテルに泊まっているなら、深夜に夜食として食べるなんてことも出来ると思いますので本当に様々なシーンで利用できそうなお店だと思います。

近くには他にも沢山のラーメン屋さんがあるわけですが、すすきのでもトップレベルの人気店なので一度は食べてもらいたいお店だと思います。

 

鬼武者(おにむしゃ)
住所/札幌市中央区南五条西4-4 サンヨービル弐号館 1F
電話/011-521-0264
営業時間/19:00〜翌7:00
定休日/年中無休
公式ホームページ
http://www.onimusya.jp

 

←ランキング参加しました!読み終わったらポチっと押してね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ