場内指名や有料ドリンクのおねだり対策はコレ!

すすきののニュークラやキャバクラは無料案内所を利用して格安料金で飲めるパラダイスだと思います。
他の地域に比べてホントに料金的にはかなりリーズナブルだし女の子レベルも高いのがすすきのなのですがチケットフリーで飲んでいる時に困ってしまうホステスさんの営業トークってありますよね。。。

 

フリー客が困る2大営業トーク

無料案内所でのチケットはコミコミ価格のものと女性ドリンク・TAX別の2種類があります。
ほとんどのお店は全てコミコミのポッキリ料金で提示してあるので前金制のお店もあったりするわけですが、女の子も生活がかかっていたりお店の方針もあるのでやっぱり営業をしてくるわけです。

貧乏なヤツが悪いと言われればそれまでなのですが、割引チケットというシステムがある以上はやっぱりその料金で楽しみたいというのが本音なハズです。そんなタカポンを含むフリー客を困らせる2大トークがこちらです。

  • ご一緒に乾杯させていただいてもよろしいですか〜?
  • ここに居てもいいですか〜?

初心者だったり、あまり慣れていない人だったら迷わずOKと言ってしまいそうなこんなセリフ。
甘い誘惑には必ずと言ってよいほど罠が潜んでいるものです。

わかるとは思いますが一応説明させて頂きますと、まず「一緒に乾杯させていただいても」というセリフには

「有料ドリンクを飲ませろテメー」

というメッセージが込められています。
確かに無料案内所の割引チケットには女性ドリンク込と書いてありますが、コミコミの飲み放題に含まれているのは大抵は焼酎・ウィスキー・ビール・ウーロン茶くらいなもんです。
それ以外のカクテルや割もの(緑茶やジャスミン茶など)は有料になっている場合がほとんどです。しかもその値段がビックリするくらい高額なのです!
例えばカクテルだと女性用のグラスなのでお客用のものより小さくすぐ無くなってしまうようなのが1杯2,000円とかしちゃいます。

そもそも何故女の子は有料のドリンクを注文したがるのでしょうか。
焼酎やビールが苦手だから?
もちろんそんなことはありません。全ては売り上げの為なんです。

キャバ嬢の給料システムというのは売り上げ制のところとポイント制の所があります。
ポイント制というのは指名数だったり同伴の数や、ドリンクの注文によってポイントがついていき、そのポイント数に応じて時給がアップしていくというシステムになっています。
指名やドリンクを頼むとバックが付くというのもあるのですが、このポイントの方がより重要な意味を持っています。
まるで営業会社のようにキャバ嬢のポイントグラフというものが存在していて、このポイントを積み重ねるためにお店からはかなりのプレッシャーを受けている場合もあります。

なので女の子はポイントを稼ぐ為に必死になって有料のドリンクをねだったり、場内指名を貰おうと必死なのです。
例えば昼職と掛け持ちで最低時給さえもらえれば良いというような子の場合はそこまで営業を必死にしてくることはないです。また明らかに飛び抜けた美貌の持ち主だったり、抜群のトーク力がある子だと自然と指名が増えて行き、当然有料ドリンクを飲む事が可能になったり、ボトルをキープしてもらえるようになります。

そのどちらでもないキャバクラ1本で生活している子というのはかなりガッツイて指名をねだったり有料のドリンクを注文したがるということなのです。

そもそもチケットで入った場合はナンバーに入っているようなキャバ嬢が付く事は少ないです。なぜならナンバー嬢は固定客がいて常に指名をされているか、チケットではない通常料金のフリー客に付く事が多いからです。
雑誌なんかに出ているビジュアルが良い有名嬢だと雑誌やネットでの指名というのもけっこうあります。

中途半端な子の場合はそういった事がないのでチケットフリーで入ってくるお客さんをどうやってお金にするか虎視眈々と狙っているのです!

 

ホステスさんのおねだりを上手に断る方法

基本的にタカポンはキャバクラ嬢は口説く女性の対象としてみています笑
なので、気に入った子がいたらすぐさま場内指名もしますし、有料ドリンクを飲ませることも多いです。
ただし、有料ドリンクに関しては場内指名をした後です。指名をする前の段階では有料のドリンクを注文する必要はないと感じています。
ただし、口説きたいと思えるような子の場合はやっぱり場内指名もしないしドリンクもお断りします。

ただ覚えておいてほしいのは、こういったおねだり的な営業トークっていうのは女の子も仕事でやっていることなので悪意は無いハズです。

ホステスさんの本心では「お客なんてただのお金でしょ〜」みたいな子もいることは確かですが、みんな本当は健気で良い子なハズなんです笑

で、こういった営業トークを上手にやんわり断る方法なのですが、

タカポンが一番よく使うのは人のせいにしてしまおう作戦です。
もともとキャバクラやニュークラが大好きなタカポンですが一人で行く事は少なくだいたい2~4人くらいで行く事が多いです。その場合は人のせいにしちゃうという悪魔ワザを使います。

キャバ嬢「わたしも何かいただいて良いですか〜」
タカポン「あ、今日会計あっち(友人を指さして)だからちょっと〜」

こんな感じで人のせいにしてしまいます。
別に本当に会計を友人にさせる必要はありません。その場しのぎなので、こういう風に言うと空気を読んでしつこく言ってくる子は少ないです。
たまに引き下がらずに友人に対して

キャバ嬢「わたしも何かいただいて良いですか〜」

と言ってくる強気な子もいたりします。そんな時は友人も別の友人を指差して同じ事を言います。さらにその友人もタカポンを指差して同じことを言うというのをループさせるとちょっとした笑いになってテーブル全体が盛り上がったりします笑

これはキャバクラに入る前に友人と打ち合わせしておくとよりスムーズに行うことができます!

もしも一人でチケットを使ってキャバクラに行くという方はどうすれば良いのか。
これについてはもうキッパリと断るしかないと思います。

「今日はお金あんまりないんだよね」

とか言って断るのが一番です。
そもそもキャバクラに一人で行くという方はおっぱいさえあれば良いと思っている人がほとんどのはずです笑

「どうせもう二度と会う事もないんだし」

と言う感じで開き直ってしまうマインドが必要となってきます。そもそも人気店の場合は女の子も一日に10人以上接客しているのでいちいち客のことなど気にしてませんし、有料ドリンクは断られてなんぼ!注文できたらラッキー的な感覚で言っている子がほとんどです。
それでももし、そういうマインドでは出来ないという人であれば、もう仕事を頑張ってお金を稼いでチケットなんか使わないで飲めるように努力するのが良いのかと思います。

何にプライオリティを置くのかは人それぞれ違うと思うのですが、どうせ飲むなら自分も女の子も楽しく飲みたい!というのがタカポンは考えています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加しました!読み終わったらポチっと押してね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ