本当にあったエロい話・・・

これは今からもう10年近く前の聞いた話です。

当時よく飲んでいた仲間のひとりにかなり可愛らしく誠実そうなイケメンの後輩がいました。
その後輩は長くつき合っている彼女も普通にいたし、女性に対しては全くがっつく感じのない子でした。

まあ誠実そうに見えて中身はひとりのオスなので性欲のカタマリみたいなもんです笑
みんなで飲んだ後にはやっぱりテンションも上がってキャバクラにもよく一緒に行きました。

 

そんな後輩君が別の友達とキャバクラに行ったという話をしてきました。
行ったキャバクラは今はもう閉店していて名前は伏せておきますがかなりハードなサービスを提供してくれるというウワサのお店だったのですが○スが多いという面でも有名なお店でした。

そんなお店に行ったのですが後輩君についたのはまあまあ可愛い感じの子だったそうです。

友人もいたし、VIPルームなどは入らず、指名もせずに普通に割引チケットで行ったようですが通されたのがお店の一番奥の席でした。

まずは恒例のすすきのスタイルで普通に飲んでいたのですが、イケメンな彼にその嬢はかなり食い付いた模様。
もう入った時点で

「お兄さんすごいかっこいいね」

とか

「彼女とかいるの〜?」

みたいな質問攻めが続きます。

イケメン君はすごくシャイなんですが、それがまたその嬢にとってはツボだったようです。
すでに女の子はけっこう酔っぱらっていたみたいですけどかなりテンションは高かったそうな。

そしてそんな状態のままダウンタイムに突入するわけです。

 

そのお店はハードキャバクラなので女の子の下タッチOKのお店ですが、イケメンだけど奥手で恥ずかしがりやさん(性欲はあるけど笑)な後輩は特に触ったりせずに女の子にされるがままの状態です。

ハードキャバクラのダウンタイムはお店にもよると思いますが本当に真っ暗闇です。

 

そのうち嬢は後輩君のズボンに手を伸ばしてきました。

そして耳元に顔が近づいてくる気配を感じると

「いいことしてあげる」

そうつぶやいたそうです。

呆気にとられる後輩君のことなどおかまいなくその嬢はズボンのファスナーを降ろしてパンツもずらします。

 

「?????」

 

まさかキャバクラでそんなことをされるなんて思ってもみなかった後輩君はなすがままに固まってしまったようです。
そうしていると

パクっ

暖かい感触で亀さんが包まれます!!!!!

 

はうううううう

後輩君はとにかく声だけを押し殺してひたすらその嬢にされる状況を理解しようとしますが頭は真っ白。

 

 

ただダウンタイムなんて10分やそこらです。
フィニッシュするまでもなく終了の時間となり店内が明るくなってしまいます。

と同時にものすごい早さでパンツとズボンをはかせ、さらには自分の身なりも整える嬢!

 

しばらく放心状態だった後輩君は家に帰ってから非常にもったいないことをしたことに気付いたそうです・・・

 

 

という話を普段は大人しい後輩君がかなり食い気味に話していたのをよく覚えています。

 

まあこんなことはめったにある話ではないですが、全くないわけでもありません。
別の知人にもキャバクラで通常のサービス以上のことをされたという人は一人だけではなく何人にも聞いたことがあります。

残念ながらタカポン自身はそのような経験はないですが・・・

キャバクラに行ってそのままアフターからのホテルという経験はあるのですが女の子によってはそういった感じの子も実際に実在しているのは間違いありません。

 

だからといってそんな事だけを期待はせずに通常のサービスを純粋に楽しむのがベストだとは思いますが、長いこと色んなお店に通っていると思わぬオイシイ思いをする可能性もあるという話でした!
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加しました!読み終わったらポチっと押してね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ