【体験談】老舗ニュークラ【赤門倶楽部】行ってみた

赤門倶楽部

まずはこの名前がニュークラだとは思わないすごいインパクトがあります。
この【赤門倶楽部】はかなり老舗のニュークラで10年以上まえからあったりします。

普段は飲み屋さんに行かない人であってもこの名前を知っている人はけっこう多いのではないでしょうか。

そのくらインパクトのある名前なのですが、もうひとつ理由があり
それがこちらです。

okura

すすきのに来たらみんな一度は通ったことのある通りにあるオークラビルに
デカデカと出ている看板!

ものすごいインパクトです。そして怪しい雰囲気です笑

 

そんな赤門倶楽部に今回はおじゃまさせていただいたのですが
実は老舗だけあってこのお店には過去に何度も行ったことがあります。
とはいえ数年ぶりの訪問だったわけなのですが。

 

オークラビルはエレベーターが4つあり各階にニュークラやスナックがたくさんあります。
一階には花屋さんもありニュークラ嬢の誕生日にはそれはそれは繁盛するそうな。

そんなオークラビルの7階に【赤門倶楽部】はあります。

案内所で割に来チケットを貰ってから行ったのですが、エレベーターを降りると
すぐにボーイさんがやってきて席に案内されます。

 

店内の雰囲気はそれなりに豪華さもありますが、改装を何度かしているとは言え
やはり最近できたあたらしいお店に比べるとそこそこのレベルです。
それでも十分すぎるほどの高級感はあり落ちついて飲める雰囲気です。

すすきのでニュークラやパブを複数店舗持っているシャチグループの中でも
ひときわ在籍しているホステスさんの多い赤門倶楽部は若い子からベテランさんまで
幅広く取り揃えている印象です。

ボーイさんに自分の好みを伝えると運が良ければその通りのホステスさんが付くこともあります笑

 

そしていよいよ一人目の女の子が登場します。

う〜ん。けっこう年配の子ですね〜。

それでいてスラッとした長身でスタイルは中々のものがあります。
全体的に細身なのに出ているところは出ている感じ。

年配のお客さんにはかなりウケがよさそうな印象です。

で、接客なのですが、さすがベテランだけあってかなりテキパキした感じなのは良いですが
悪い意味で仕事が出来過ぎです・・・

やっぱりニュークラって疑似恋愛の場所じゃないですか。
それが長年の経験により様々な事を見て来たことが裏目に出てしまい
ホステスホステスし過ぎている印象

全ての行動がわざとらしく感じてしまう。

例えば会話の受け答えにしてもお客さんの話す事にオーバーにリアクションするのは
ホステスさんとして基本的なことなのはわかりますが

「え〜すご〜〜〜い!!」

という感じで演技している感が見え見えなんです。

正直言ってウソで塗固められた空間という印象しか受けません。

こんなことを言うとホステスさんからバッシングがありそうだけど、やっぱり本音としては
ちょっとシロウトっぽさもあり気兼ねなく話せる人の方が飲んでて楽しい!

贅沢な注文だというのはわかっているのですが・・・

 

 

そうこうしているうちに二人目のホステスさんが登場です。

この子も20代中盤でそこそこのホステス経験がある子です。
まあ一人目よりは夜の世界に染まっている感じはありませんがやっぱり仕事が
接客というよりかは作業という印象が拭えません。

ホステスさんの本音では接客じゃなくて作業だよ!!

と言いたい気持ちも痛いほどわかるのですが。

 

デキるホステスさんて言うのはやっぱり話題の振り方とかも上手ですよね。
ありきたりな

「名前は何て言うんですか〜」からはじまり「お仕事は何してるんですか〜」「お休みの日は何してるんですか〜」

こういう話ってする方も、聞く方も全く面白くないと思うんですよね。

じゃあ何を聞けば良いの?という言葉が帰ってきそうですが。

例えばその人の持ち物や服装から好みを推測して趣味の話にスライドさせたり
そういうのがデキるホステスさんというのは上手だと思います。

また話し方なんかもその人に合わせて上手にさりげなく変えてみたりと
そういった細かい気遣いができるのは経験もそうですが才能もあるのかなと思います。

もって生まれたセンスがある人は自然なカタチでそういうことができる子が多いです。

 

さんざん勝手なことを言ってますが、せっかく話をするのだからお互いに有益な時間を
過ごせたらそれはそれで良いもんだな〜と思ったりもしてます。

 

なんだかオヤジっぽい内容になってしまいましたが、赤門倶楽部自体は悪いわけではありません。
たまたま今回ついた子に対してそういう感想をもっただけの話でした。

 

赤門倶楽部
無料案内所:4000円/60分コミコミ

 

←ランキング参加しました!読み終わったらポチっと押してね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ