【体験談】すすきの【Leoneレオーネ】言ってみますた!

すすきので長い間ニュークラやキャバクラを運営しているシャチグループですが
その中でもわりと若い子がメインでいるのがこのLeoneというお店になります!

TAIGAやLIONはホステスさんの年齢層がけっこう高いのですが、若い子とワイワイ飲みたい!
ということでしたらこのレオーネを選択肢にいれてみると良いでしょう。

もともとはNセンタービルにあったのですが、数年前にすぐ近くの南興ビルの地下に移転しました。
南興ビルも数多くの飲み屋さんが入っているすすきのの有名ビルですがメインストリートでもある駅前通りにも面していて、地下鉄すすきの駅からも近くアクセス面でみても非常に行きやすいビルとなっています。

カラオケ館が目印にもなっているのでわかりやすいですが、ホストのキャッチやガールズバーの客引きをしている女の子がたくさんいるので初心者の方には近寄り難い雰囲気もあるのが若干不安要素でもあります。
また、入り口が小さくわかりづらいので行く前にチェックしておくことをオススメします。

 

ビルの入り口を入ってエレベーターで降りることもできますが、ビル自体の入り口の左側に
直接お店に行く事のできる階段があります。看板も出ているので実際に行ってみるとわかると思います。

このレオーネは無料案内所のクラブマンゾクでよく割引を行っていて他のお店に比べて安い料金で案内していることが多いです。案内所からもほど近いので、クラブマンゾクは必ずチェックしてから行くのが良いでしょう。

 

さて、お店は移転してからNセンタービルにあった時と比べて大分広くなりました。
店内の雰囲気は黒と茶色を基調としていて非常に落ちついたイメージになってます。
けっこう重厚なイメージではありますが最初に書いたように在籍しているホステスさんは
比較的若い女の子が多いお店になってます。

この日は案内所のチケットで鏡月が1本サービスになっていて黒服の方が持って来てくれました。
誰かと間違っているのか、見た目で判断されたのか何なのかはわかりませんが
どうやらその人は店長さんのようで何故か名刺をわたされて丁重に挨拶をしてくれました笑

これは通えよコノヤロ〜という無言のプレッシャーなのだろうか・・・

 

そんな感じで少し席で待っていると一人目の女の子が登場です!

「私は顔で売ってないです!トークで売ってます!」

と断言するその子は日テレの三トちゃんのような笑顔が可愛い女の子でした!
三トちゃんはその通り爆笑トークのネタを相当持っているようで場の空気は
完全に持ってかれてしまいました。

普段は盛り上げ役のタカポンはそんな三トちゃんに嫉妬心を覚えつつも楽しい時間を過ごします。
三トちゃんのネタは自虐ネタがほとんどで連れも、連れについているホステスもみんな爆笑
本当によしもとにでも入れば良いのに。とさせ思わせるトーク術には感動すら覚えました!

しかも自虐は言ってはいるが三トちゃんに似ているということでわかるかと思いますが
別にそこまでブサイクなわけでもないんですよね〜これが

そんな人柄の三トちゃんはきっとみんなから好かれているのだろうと思いつつも
場内指名は丁重にお断りさせていただいて次の女の子を待ちます。

 

続いてやってきたのは、打って変わってとても大人しい女の子でした。
いや三トちゃんが喋り過ぎだったのでそう感じるのかも知れませんがタカポンの中では
物足りなさがありありです・・・

まあこの日は友人とも指名などはする予定もなく、普通にチケットで1セットだけ飲もう!
という感じだったのでそのまま普通に飲む事にしました。

が、しかしどうにもこうにも話が盛り上がりません。
タカポンの必死のトークもさっきのトークに比べるとまったく足下にも及ばない。
非常に微妙な空気が流れるなか30分のみ続けるという結果に・・・
 

まったくもって三トちゃんに乾杯を喫したタカポンと友人なのでした。
 

ちなみにお店を出て、別のお店に行ったのですが、そこで友人はべろんべろんに酔っぱらい
どこで無くしたかわからないが財布を無くすという事件が発生!
急遽三トちゃんに連絡をとりお店に落ちてないか確認したり、すすきの交番に行ったり、
いろいろとバタバタした一日になりました。
結局財布は出て来ないまま友人は暗い影を落としながらすすきのを後にしました。

 

できる事なら、もう一度三トちゃんの力を借りて友人に笑顔を取り戻してもらいたかったです。

 

 

 

Leone(レオーネ)
無料案内所:4000円/60分コミコミ
鏡月1本サービス
公式ホームページ
http://www.shachi-group.co.jp/

 

 

←ランキング参加しました!読み終わったらポチっと押してね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ